ジン

  • 2019.02.14 Thursday
  • 05:16
20190213
 日本は「とりあえずビール」で飲み会始まるけれど、イギリスは「とりあえずジン」らしい、、、、
 僕は、去年の夏頃からジンにはまっている。1瓶を5日くらいで空けている。飲み過ぎ!?ヤバイ、、、、
 おいしい。氷にジンを入れて、ライム液を入れて、炭酸水を入れて出来上がり。それらの配分量は、、、好みに応じてテキトーに工夫する。僕は濃いめが好き。トッピングとしてミント葉や金柑を入れると、、、、よりエスニックなフレーバーを楽しめる。
 今ではビールよりジンの方が美味しく感じることもしばしば、、、美味しいので飲み過ぎに注意、、、
 ボンベイ サファイヤジンが美味しい。お試しあれ、、、




チキンラーメン

  • 2019.02.14 Thursday
  • 04:52
20190213
 NHK朝の連ドラでようやく即席ラーメンが完成した。日清食品の創業者である安藤百福夫婦の、、、苦労話、、、
 僕は日清食品の株を持っているため毎年株主優待の商品が送られてくる。去年のものの中に、朝ドラでやっているチキンラーメンの当時の包装紙に入ったものがあった。復刻版で「非売品」と書いてある。「体力をつくる 最高の栄養と美味を誇る完全食」とある。今だったら消費者庁から過剰表示とクレームがあるだろう(笑)、許される時代を感じさせるレトロな袋だ。裏面には「おいしいつくり方」が書いてある。その中に「丼鉢」とある。今は、丼鉢とは言わない。ドンブリだ。面白い。
 僕の子供の頃には近所のお店には日清チキンラーメンはなかった。あったのかもしれないが、僕の記憶には無い。僕は「ミーワンワンラーメン」を食べていた。貧しい時代だったから即席めんは贅沢品だった。一日10円のお小遣いを貯めて「ミーワンワンラーメン」を買っておやつに食べていた。美味しかった。もし、今も「ミーワンワンラーメン」あるなら食べたい。きっと、子供の頃の当時を感じて涙が出ると思う、、、
 安藤百福さんのお陰で、僕たちの食生活に幅ができたと思う。ありがとうございます、、、

日清のチキンラーメン、包装袋復刻版





チキンスープは、「中華そば」の原点 お多福食堂の中華そば 毎週食べている。美味しい、、、

ミーワンワンラーメン 懐かしい、、、

時は流れて、、、我が身老いる、、、

  • 2019.02.14 Thursday
  • 04:17
20190212
 細君がひな人形を飾った、、、女の子供が生まれた年に買ったものだと思う。ひな人形は年を取らないけれど、その子供は、今年、社会人になる。某企業の東京本社に勤めることになっている。先般、葛飾に住宅を決めてきたみたい。
 3人の子供がいるがみんな福井には居ない。それぞれに人生を送っている。それでいいのだろう。人生の幸せには尺度も真理もないし、選択肢はいくつあっても選択はひとつしかできない。自身が選択した現状を是として甘受するしかない。
 諸行無常、、、朝(あした)には紅顔ありて夕べには白骨である。人は神の前に流れるしかない、、、運命は定められている。
 

春日井三山ハイキング

  • 2019.02.14 Thursday
  • 04:01
20190209
 F観光社のツアーガイドとして愛知県の春日井三山に行ってきました。参加者は16名でした。天気はこの時期としてはまあまあでした。でも冬型の天気なので山頂の気温は0℃でした。
 久しぶりのツアーガイドでした。生活のためにも(笑)、スキルアップのためにもっとやりたいのですが、去年は福井国体山岳競技のためにできませんでした。福井岳連の役員でしたから仕方なかった、、、、、
 今年は、その役員も辞めて、、、ツアーガイドや自身の山歩きに軸足を移す予定です。一度限りの人生、、、試行錯誤が大切です。妥協も大切ですが、譲れない信念も大事だと思います。武士は食わねど高楊枝、、、やせ我慢も大事。











そば打ち体験

  • 2019.02.14 Thursday
  • 03:37
20190206
 農家民宿の「農家」に付与されていることに「農家体験」があります。でも僕は専業農家ではなく、役場勤めの傍ら田んぼをするのみでした。我が家は以前から畑も真剣にしていません。だから農業体験は限定的です。でも、僕はお蕎麦が大好きだったので好きなお蕎麦をお腹いっぱい食べたかったので、、、約30年前にそば打ちを会得しました。だから、、、そば打ちは教えられます。良かったです。一つはあって、、、(笑)
 また、3年前までお正月にお餅をついてきたので、、、それもできる。でも餅つきは、もち米からの準備からつきあげるまでの流れが大変。簡単にはできないというか、、、面倒です。
 そば打ちは、準備も容易で簡単です。この日も宿泊の人にそば打ちの体験をしていただきました。そば打ちにはコツがあります。材料の分量はしっかりしないといけないですが、打つという行為は、テキトーにやることが大切なのです。丁寧に時間をかけるとおいしい蕎麦にはなりません。テキトーにさっさと時間をかけないことが大切。多少、麺が不ぞろいになっても手際よく打つことが大事なのです。今日のお客様は上手に打ちました。良かったです。



class="pict" />

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM