イチロー引退

  • 2019.03.22 Friday
  • 01:29
20190321
 イチローが突然引退してしまった。突然で驚いた、、、、あっけない感じだ。テレビで放映されたようだが、、、不覚にも僕はその時寝ていた。(笑)風呂上がりに、、、そのまま、、、寝てしまった。ふと、、目覚めたらイチローの引退とは?!?!
 いろいろな記録を打ち立てて、、、風のように過ぎ去っていった、、、いきなりレジェンドになってしまった。これからいろいろな特番が組まれ、イチローが再現されると思う。日本のプロ野球ならまだまだやれるのにね、、、残念。




春日井三山ハイキング

  • 2019.02.14 Thursday
  • 04:01
20190209
 F観光社のツアーガイドとして愛知県の春日井三山に行ってきました。参加者は16名でした。天気はこの時期としてはまあまあでした。でも冬型の天気なので山頂の気温は0℃でした。
 久しぶりのツアーガイドでした。生活のためにも(笑)、スキルアップのためにもっとやりたいのですが、去年は福井国体山岳競技のためにできませんでした。福井岳連の役員でしたから仕方なかった、、、、、
 今年は、その役員も辞めて、、、ツアーガイドや自身の山歩きに軸足を移す予定です。一度限りの人生、、、試行錯誤が大切です。妥協も大切ですが、譲れない信念も大事だと思います。武士は食わねど高楊枝、、、やせ我慢も大事。











日野登山2019

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 00:53
20190130
 今年最初の日野山登りました。今年は雪がなかなか降らないために遅れに遅れて今日登りました。雪があっていい天気なので、、、登山日和、、、。愛犬空さんを連れて登りました。
 山頂から東側には、白山、部子山、冠山等が白く輝いていました。
 日野山は僕の心の山です。標高は795mの高い山ではありませんが、、、越前富士と呼ばれ、紫式部も雛が岳と歌に詠み込みました。僕のブログアドレスの、hino795m.com は、まさにその日野山をあらわしています。
 山頂のメジャーで確認したところ積雪量は90cmくらいでした。荒谷の日野神社から往復しました。登り70分、下り40分でした。山登りは、、、いいねぇ、、、





 白山

 部子山

 冠山、金草山、能郷白山





 積雪量は90cm

左の山が村国山で僕の家はその大屋町にある。右の山が岩内山でその横で北陸新幹線の整備が進められている。気持ち悪し、、、

アコンカグア

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 01:42
20190122
 アコンカグアは南米アルゼンチンとチリの国境にあるアンデス山脈最高峰の山である。標高は7000mに迫る名峰である。三浦雄一郎が86歳でチャレンジした。しかし、ドクターストップがかかり登頂をもう少し?のところで断念した。悔しかっただろう、、、。エベレストでも同行した信頼している女性医師の判断に従ったようだ。ニュースでは、三浦の悔しさが伝えられ、90歳でエベレストを目指すと言っていた、、、、が、、、きっともうエベレストには登れないだろう。
 医師を同行させるということは、三浦雄一郎は冒険家ではなくなってしまったということになる。冒険家とはすべてを自己判断と自己責任でチャレンジするものだ。今は、「かつての冒険家が高齢を押して前人未到のチャレンジしている」という見方が正しい。もちろん86歳でチャレンジする姿は凄いし、迫力あるし、僕も応援している。今回も登ってほしかった、、、
 今回の登山では朝日新聞社等のスポンサーを得て、紙面やニュースでも興味深く報道されていた。それらの読者等はどのように感じているのだろうか?希望と感動を与えているのだろうか?
 僕は医師を同行させるような挑戦はやめて原点のスキーヤーに戻り、国内外のスキー場を滑りながらスキー技術の奥儀やそれぞれのスキー場の特長や楽しみ方を伝授するミウラになってほしい。そのような方が見ている僕たちは辛くないし楽しい。三浦雄一郎を尊敬しているが故に今の姿は悲しいのだ。





国体山岳競技反省会

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 10:45
20181228
 国体山岳競技の反省会を農家民宿中村屋で行ない、国体の年に区切りをつけました。年も押し迫った28日の平日だったため現役でない主な役員で行ないました。池田町からは女性一名が参加くださいました。
 今年はまさに国体の年でした。その運営のために僕も本当に多くの時間を費やしました。数年前から大会視察やスタッフに見学してもらうためにツアーを組んで、和歌山、長崎、岩手、愛媛の国体山岳競技にも行ってきました。福井県選手の成績より僕はとにかくつつがなく競技運営ができるよう腐心してきました。
 この日、会長から記念の盾をいただき、会は和やかに国体だけでなく日本山岳・スポーツクライミング協会のことや福井岳連のことやスポーツクライミング競技のことやいろいろと話をしたのでした。スポーツクライミング競技は、東京オリンピックの正式種目になりこれからますます注目度が上がってくることだと思います。しかし、今日集まった面々は山に登る岳人でありたいと思っている人間であり、、、、、どうもこの競技には馴染められないのです。僕もこの国体を契機に山の会から身を引きました。組織から離れて自由に野山に出たいと思っています。











calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM