三十三間山

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 23:07
20200916
 今日、山仲間の3人で若狭の三十三間山に行ってきた。京都の三十三間堂の棟木をこの山から切り出したことが山の名前に由来している。メインルートの倉見集落からではなく、近江坂古道から登った。若狭の山は標高は高くないが懐が深く自然豊かである。トリカブトの群生があり、ブナ林も綺麗だった。風は秋風になっていた。山頂付近には見晴らしの利く芝生広場があり、360度の展望が楽しめる。









冠山峠

  • 2020.05.02 Saturday
  • 20:49
20200502
 今日は30度超えの暑い日になる予報があった。ヤマハのセローに乗って冠山峠に行ってきた。3密とは無縁のところ。池田の田代集落からは冬期期間のため全面通行禁止だったが、遮断機の横をひょいと抜けて行ってきた。
 激しい峠道をゆっくりとバイクを走らせた。峠には登山客の車が数台停まっていた。岐阜県側は通行止めにはしていない。
 峠で遅いランチを食べた。池田町の「まちの駅」で買ったお弁当。今日は冠山登山はしなかった。初夏を思わせる暑い晴天だ。標高千メートルの峠も結構暑かった。
 帰路の途中、中田養鱒場に寄った、開業していた。養殖の池にイワナやニジマスが涼しげに泳いでいた。
 帰路の途中、民間の能面博物館に寄った。何やらおどろおどろしい感じのお店だったが、入って見学した。ご主人は能面作家だった。
 帰宅して、池田の「まちの駅」で買ってきたワラビを食べた。旬のエグミがたいそう美味しい、、、新型コロナウイルスも自然の四季の移ろいには無力だね、、、、















国東六郷満山トレッキング

  • 2020.03.26 Thursday
  • 22:14
20200316-24
 新型コロナウイルスの影響で飛行機が欠航になり、ネパール国も入国制限を始めたため、予定していたカラパタールトレッキングは延期することになった。日程が空いたので、国東六郷満山トレッキングに行くことにした。メンバーは、去年、熊野古道と大峯奥駈道を歩いたA氏、M氏と僕の三人。3/16-24の8泊9日(内2日はフェリー泊)の山旅だった。
 国東(クニサキ)半島の付け根にある豊後高田市のコットン村という素泊り一泊3000円の宿に6泊して、拠点にして、延長135kmの「国東半島峯道ロングトレイル」を完歩した。併せて、帰路の日には、宇佐神宮をお参りし、福岡県との境にある日本三大修験道の一つ「英彦山(ひこさん)」にも登ってきた。充実の7日間だった。



国東名物「だんご汁」

豊後高田は蕎麦生産地、、、ざるそばいただきました。食堂のおばさんが打った10割蕎麦、、、そばの味よりおばさんの腕前に感服、、、

ネパール、カラパタールトレッキング断念

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 19:43
20200306
 この三月に実施予定だった、カラパタールトレッキングを延期することになった。今日、参加予定の8名が我が家に集まり、蕎麦を食べながら相談した。
 新型コロナウイルスの影響で、、、
 1.タイ航空が欠航
 2.ネパールが日本人を入国制限 入国時に隔離されたら、、、

 コロナの収束時期はまだわからないが、、、、今年の秋か来春に行きたいと思う。 





新穂高ロープウェイ

  • 2020.02.23 Sunday
  • 03:03
20200216
 F観光社のツアーガイドをした。今回は、新穂高ロープウェイを使って西穂高岳近くの展望台から穂高連峰を展望し、周辺の雪の回廊を楽しむというツアーだ。
 生憎この日は、暖かい南風の吹く悪天候だった。春一番の日???2つある上部のロープウェイも風のためすぐに止めるという案内があったためランチを遅らせ、まず、最上部の西穂高口駅まで乗り、雪の回廊を歩いた。できるだけお客様の満足度を上げないといけない。展望も効かない、雪の回廊も歩けないでは、、、、不満になる。ツアーガイドは、状況に応じてできる限り頑張らないといけない。そこで大切なのは、決め決めのスケジュール管理ではなくて、臨機応変に対応することだ。お客様の顔色を見て、、、全体の空気を読む。難しいけどね、、、、 











縄文杉

  • 2020.02.23 Sunday
  • 02:01
20200214
 屋久島の縄文杉トレッキングに行ってきた。
 僕を入れて7名で。荒川登山口からの往復。往復10時間30分の長い長い日帰りトレッキング。思っていたより疲れた。しかし、その分達成感につながった。
 数年前に行った時は、淀川登山口から宮之浦岳に登り、高塚小屋に泊まり、翌日の帰路の途中に縄文杉を見た。その時も雨の中だった。今回も雨の中。
 屋久島は一か月に35日雨が降るという。島そのものが山のため、、、標高の高い山の島のため島の西側が晴れていても東側は雨だったり、里が晴れていても山は雨降りだったり、里は亜熱帯でも山は雪が降る。変化に富んだ面白いところだ。日本で最初に白神山地と共に世界自然遺産になったところだ。





ウィルソン株の中から、、、ハートの空 人気のパワースポット

縄文杉 樹齢2000〜7000年と推測されている。幅広いなぁ、、、(笑)

日野登山 5回目

  • 2020.02.23 Sunday
  • 01:38
20200221
 数日前に久しぶりに雪が降ったので、今年5回目の日野登山に出かけた。愛犬の空さんを連れて。残念ながら雪は多くなかった。山頂で20cmくらい。でも、展望する山波は白く輝いていた。空さんも登山道を覚えてしまってマイペースで登って行く、、、、離れてしまって、分岐点で見当たらないと僕は笛を吹く。空さんは息を切らして僕のところに戻ってくる。

中腹の水場 でも日野山の水は美味しくない

真ん中の山が村国山 右手のくぼみの所の集落が僕の住む大屋町 僕の家からは日野山は見えない

白山

部子山(へこさん)

尖った冠山と左手の能郷白山

山頂から南側、南条、今庄方面 北国街道

スキージャム勝山

  • 2020.02.23 Sunday
  • 01:08
20200219
 来月ネパールトレッキングに行く予定なので今年はスキーは捻挫や骨折などすると支障あるのでやめておこうと思っていたが、暖冬ながら新雪が降り良いコンディションなったので出かけることにした。スキージャム勝山は福井県で最も雪の降るエリアだ。しかし、今年は暖冬のため雪不足で全面滑走はなかなかできていない。でもこの日は久しぶりの雪で全面滑走ができた。
 まだ膝痛があるため思い切った滑りはしないように、また、怪我しないようにのんびりと滑った。いい天気で楽しい一日だった。かつてのように足しげく行きたいとは思わなくなったけれど、、、やっぱり一年に3回程度は元気にスキー場に行きたいね、、、、
 ボーダー7割、スキーヤー3割でした。











きたひの通信 大峯奥駈道

  • 2020.02.17 Monday
  • 23:50
20200215
 地元の公民館が毎月発行している機関紙「きたひの通信」のコラムを年3回担当している。僕は、自身の山旅と反原発をテーマに書いている。いずれも僕のライフワーク、、、、今回は、山旅、、、



<きたひの通信 2020年2月号>
<世界遺産 熊野古道>
 去年、熊野古道を歩いてきた。熊野古道とは熊野三山(熊野本宮大社、那智大社、速玉大社)への参詣道である。古の人々は何を求めて歩いたのか?その道は容易ではなかった。
 高野山から熊野本宮大社までの小辺路を2泊3日。滝尻王子から熊野本宮大社までの中辺路と那智大社までの小雲取越・大雲取越を2泊3日。奈良の吉野から熊野本宮大社に至る大峯奥駈道を4泊5日で歩いた。
 圧巻は大峯奥駈道だ。距離は約100kmで登り下りの累積標高差は約16000m。山の頂を縫うように歩いていく。岩稜帯も多いが修験道であるため登山を助けるロープや鎖の設置は少ない。宿泊は避難小屋かテントになるので食料とテント、寝袋を背負いにわか修験者になる。水は途中に現れる谷川で補給する。文明社会から隔離された5日間、毎日20キロの距離と標高差3200mの登り下りをする。過去に経験のない過酷な山旅だった。
 大峯奥駈道は、途中に女人結界の山上ケ岳を通過するため縦走できるのは男性のみだ。日野山にも「比丘尼転ばし」という箇所がある。尼僧が日野山に登ったところ神の怒りに触れて転がり落ちたという逸話がある。どうして女人禁制?今回、奥駈道を歩いて感じたことがある。修験道は一般論として女性には過酷で危険だ。また、その魔性?は修験者の心に迷いを生じさせる。男性の修験者にとっては邪魔だったのかもしれない。でも僕は奥駈道も元気な女性に歩いてほしいと思っている。違った世界が見えてくるからね。T.N

日野登山 4回目

  • 2020.02.07 Friday
  • 02:42
20200204
 日野山うっすらと白くなったので登ってきました。今回も愛犬の空さんと一緒、、、、犬は強くて速いです。牛にひかれて善光寺、、、犬にひかれて日野山奥宮、、、山頂の積雪は10センチくらい、、、寂しい限り、、、







calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM