三島由紀夫

  • 2020.03.28 Saturday
  • 22:55
20200327
 僕は三島由紀夫の作品は一つも読んでいない。東大全共闘の安田講堂占拠のこともほとんど知らない。でも、何故か「三島由紀夫VS東大全共闘」の映画が気になったので見てきた。
 既にノーベル文学賞の候補者として名前が売れていた43歳の三島は、東大全共闘からの依頼を受けて頭でっかちの理論集団、東大全共闘1000人の中に単身で乗り込んだ。集会の様子は、観念的文言の飛び交う禅問答のようで、僕のような凡人には難解な言葉の応酬だった。単純には右翼と左翼の討論会だが、目指すところは一緒だった。卑猥な佐藤首相自民党政権の打破、アメリカに属国化する日本へのアンチテーゼだ。立場は違うが、真剣に明日のあるべき日本を作ろうとしていた。そのためには非合法の暴力も正当化していた。強大な国家権力に対抗するためには暴力は必須だと考えていた。
 三島は、親切で真っ直ぐな人間だった。終始余裕を持って対峙していた。東大全共闘も右翼三島を打倒すべきとして討論会を実施したものの、何故か「三島先生」と呼んでいた。(笑)
 その一年半後、三島は自衛隊市ヶ谷駐屯所で自衛隊員にいざ決起せよと演説を打ち、割腹自決した。東大全共闘も敗北したことになっている。でも、双方とも負けることは分かって戦っていたのだと思った。負けることが分かっても戦うことに意義があるのか?負け戦はしないことが正しいのか?
 僕も負けるとわかっても自分の姿をさらして戦うことは、エロスであり美学だと思う。頭の中で考えるだけでは、世の中は変えられない。彼らは行動することで、、、自分たちの思いを多くの民衆に知ってもらおうと思ったのだった、、、

はやばや、タケノコ

  • 2020.03.26 Thursday
  • 21:38
20200326
 今日、自宅の裏にある畑の作業をしていたら、、、、アララ、、、タケノコ出ている。美味しそうに太ったタケノコ。いつもの年は4月20日頃が採れ始める時期。今年は半月以上早い収穫、、、。今期は暖冬で3月に入っても暖かい日が続いているから早くも顔を出したタケノコ。今年は表年なので美味しいタケノコ、いっぱい食べられると思う。楽しみです。



Fukushima50

  • 2020.03.12 Thursday
  • 01:42
20200310
 何でこうなったんだろう、、、、映画の最後頃に主人公の2人は問い合った、その答えは、「まさか、10mを超える津波が来るとは思わなかった。慢心だったね、、、、」という言葉だった。そういうことなんだろう。人の想定を超える自然の営み、、、人は過去から学ぶが、過去の事象を超える事態には耐えられない。映画を観て改めて原発は人のコントロール代物ではないと実感した。安倍首相がブラジルでのオリンピック誘致の際に言った「アンダーコントロール」は全く嘘の塊だった。
 3.11は、必ずまた、どこかで起こる。人の知見とはその程度のものだ。だから、放射能など、人と共存できないものには手を出してはいけない。

 映画は全編緊張感に溢れ、現場のスタッフは命がけで事故後の対応をしていた。その事故後の対応を描いた物語だ。ぜひ、多くの人に見て欲しい。いい映画だ。渡辺謙と佐藤浩市、、、いい役者だ。多くの人に原発は人の手に負えない代物だということをわかってほしい。映画の中で当時の菅直人首相を現場を混乱させた人物と悪く描いている。リアル過ぎる。その意図は何か?、、、一面それは事実なのだろうが、僕は管首相を評価している。なぜなら、浜岡原発を止めたから。管首相は、この大地震が引き金に南海地震を恐れたのだろう、、、、浜岡原発は首相命令で停止し今も動いていない。そして、その後の日本全国の原発停止につながった。その貢献は素晴らしい。原発がなくても日本は普通に生活できることがわかったからね、、、、
 なのにまた、再稼働が進められている。早く、安倍辞めろだ、、、








豊作祈念

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 19:30
20200305
 今日、僕の集落にある白山神社で祈念祭があった。祈念祭とは、今年の豊作を祈願する儀式だ。礼服等に着替えてお参りした。10人の老衆の内6人が参加した。
 このところ異常気象の連続だ。夏はひらすら暑い。今年の冬は暖冬で山の積雪量はひらすら少ない。農業用水が心配だ。農業は自然環境に左右される。ノーマルな四季の移ろいに期待したぃ。









新型コロナ

  • 2020.02.29 Saturday
  • 23:01
20200229
 首相がパニック煽ってどうするの?小中高の一斉休校は間違いだ。国民が右往左往をし始めた、、、
 新型コロナウイルスによる肺炎に対する特効薬がないため不安があるが、、、とにかくかがりつけの医者の判断でPCRを受けることのできる体制、システムを作ることがとにかく先決だ。
 小中高の一斉休校のせいで、大規模でもないスポーツ大会やコンサート、講演会等が雪崩を打ったように中止や無観客イベントになっている。かつて大本営発表で戦争に突き進んだ、、、日本国民の姿がここにあるように思う。





calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM