越前そば道場独楽

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 23:32
20200913
 今日、東京出身のそば打ち体験のお客様があった。現在、福井県内で仕事をしているとのこと。福井県内を積極的に観光?していて、福井は自然豊かで食べ物もおいしく、いいところと話をしていた。越前そばもおいしいと、、、、。改めて「越前おろしそば」は、全国に通用するものだと思った。
 でも、福井県の知名度も、越前おろしそばの知名度も低い。お客様も福井に来てみて福井の豊かさを実感していると話していた、、、。
 僕たちは、もっと自信を持って、福井を発信していけばいいと思った次第、、、、、





そば道場独楽

  • 2020.09.11 Friday
  • 21:30
20200911
 今日、そば道場独楽の看板書きました。
 前日にそば皿とそば猪口購入して、、、、そば道場運営の予定の物はすべてそろったので、、、、看板を玄関に掲げました。そば道場そのものは、8月1日にスタートしましたが、、、
 これまでの体験者は12グループです。これからも楽しい蕎麦打ち体験の場を提供していきたいと思います。





そば道場独楽

  • 2020.09.11 Friday
  • 21:16
20200910
 そば皿とそば猪口セット15組の製作を依頼して、今日受取に行きました。伝統的工芸産地の越前焼きの「風来窯」の工房です。製作者は大屋宇一郎氏です。僕の集落が越前市大屋町なので、何かご縁を感じます、、、、
 以前にも5組買い求めましたが、今回、そば道場開設のため15組の作成を依頼しました。越前焼きは、備前焼のような感じの素朴な陶器ですが、風来窯のものは垢抜けしていて、、、僕は気に入っています。何か!?夜空にさんざめく星のような紋様が、、、宇宙をイメージさせています。お名前も「宇一郎」ですしね、、、、(笑) 





茶蕎麦

  • 2020.09.01 Tuesday
  • 23:21
20200901
 茶蕎麦打ちました。茶蕎麦は蕎麦粉に抹茶粉を入れたもの。打っていると抹茶の香りが立ちあがってくる。茶蕎麦はざる蕎麦が似合う。濃いめの出汁に箸で持った麺を半分ほどつけてすする。蕎麦の香りが鼻に抜ける。夏はざる蕎麦だ、、、















越前そば道場 独楽

  • 2020.07.31 Friday
  • 01:22
20200730
 そばと夏野菜。
 食の原点、基本は、美味しい素材を単純にいただくものだと思っている。和食は、素材を大切にしていて、素材に醤油や塩、味噌で単純にいただく。わかりやすくで美味しい。ごまかしも効かない。
 お刺身が和食の原点。素材そのものをそのまま食べる。イタ飯やフランス料理は、一般的に素材をいじりすぎる。素材を大事にしていないように感じる。だから僕は嫌いだ。
 おそばも素材そのものを味わう食だ。今、畑で採れている夏野菜も素材を大切にしないといけない。。そのまま焼いたり、茹でたり、、、、味付けは醤油や塩で十分美味しい。「素材の味を大切に!」がそば道場独楽の基本的な考え方。


 

そば道場 独楽

  • 2020.07.31 Friday
  • 01:02
20200730
 そば道場独楽を開設して以来、毎日自分が打った蕎麦を食べている。昨日と今日は米粒は食べていない。僕は、一日二食なので二食ともそばを食べている。昨日は、きしめんのように平打ちして食べてみた。平打ちとは、そば生地を薄く伸ばして、太めに切ることで、平たい麺にすること。見た目が面白い。食感も少し違ってくる。
 今日は、出汁にトロロ芋と大根おろしを入れて食べた。とろみがあり、喉越しが違って、、、、実に美味しい。
 出汁は、毎日お客様がいらっしゃるわけではないので、、、、、一から作るわけにはいかない。市販の濃縮の麺つゆをブレンドして、そば道場独楽のオリジナルのものを目指している。今は、3種類の麺つゆをブレンドして食味している。味の好みは人それぞれなので、、、、、最大公約数的なものを作らないといけない。そこにトロロ芋や大根おろしやかつお節やネギやワサビなど、、、、出汁は大事なものだ。









越前そば道場 独楽

  • 2020.07.24 Friday
  • 19:15
20200724
 越前そば道場独楽の第一号のお客様は、これまでも何度か体験にいらしているF観光社の女性でした。そば打ちのコツを覚えつつあるので、あまり細かいことは言わずに、好きなように打ってもらいました。
 今日は、農家民宿中村屋独楽にお泊りのお客様がいますので僕も打ちました。
 今日は、三田村製粉所のそば粉を使いました。三田村製粉所のそば粉で打つのは、10年ぶりくらいですが、、、、昨日買った福井県産のそば粉は打ちやすい、、、、そば粉でした。
 増田製粉所か、三田村製粉所か、美味しい方を利用したいと思います。

 第一号、、、、頑張って打っていました

 この写真は、去年お泊りの、、、、外国の人

越前そば道場 独楽

  • 2020.07.24 Friday
  • 03:56
20200722
 そば粉の購入先を決めないといけない。スタートは増田製粉所に決めているが、武生には老舗の三田村製粉所もある。増田は新参で、、、10年くらい前から始めた。それまでは、僕もそば粉は三田村で買っていた。三田村も経営的にいろいろの問題があり、、、僕は今は増田を利用しているが、、、。増田製粉所のそば粉は打ちやすい。石臼の目立てをしっかりやっていて、、、粉を振るうメッシュも細かいのだろう。
 ぞば道場を始めるにあたって、、、、三田村製粉所の粉も久しぶりに打ってみたいと思い、、、、買いに行った。懐かしいお店のたたずまい、、、、、
 そば打ち体験は、そば打ちに慣れていない人が訪れる施設だから、、、まずは、打ちやすいそば粉を選ぶことが大事だ。味は二番目。でも、もちろん味も大事だから、僕は、福井県産のそば粉にこだわる。福井県産のそば粉の価格は高い。外国産の二倍はする。でもね、、、、、せっかく打ったおそばは、美味しく食べたいからね。ここは、福井県だからね。越前おろしそばの故郷だからね、、、、











越前そば道場 独楽

  • 2020.07.24 Friday
  • 03:30
20200722
 そば道場独楽を開設するタイミングでPAYPAYを導入した。僕は、楽天ペイとPAYPAYを利用しているが、圧倒的にPAYPAYの方が使い勝手がいいし、店舗数も多い。
 だから、MVT中村ツアーデスク、農家民宿中村屋独楽、越前そば道場独楽 でも、PAYPAYが利用できるようにした。キャッシュレスは便利だ。領収書なくしても支払い履歴もわかる。PAYPAYは来年の9月までは手数料は要らない。クレジットカードでの対応ではカード会社への手数料が引かれるが、、、、、
 日本は遅れてはいるがキャッレス社会に移行していくことは間違いない。激しい囲い込みが始まっている。これからは、カードではなく、スマホのアプリでのキャッシュレスになることは間違いない。



そば道場 独楽

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 04:34
20200717
 越前市の観光部局が新しい取組みを始めた。越前市内の交流人口を増やすための観光客向け施策だ。しかし、市外からの観光客だけでなく市民も利用できるという。体験料500円分クーポンが300円で購入できる。例えば体験料が2000円の施設ならクーポンを4枚買えばいい。クーポン4枚で1200円だ。つまり、安く体験をすることができるのだ。期間は来年3月21日まで、、、、今のところ体験施設は、9カ所だが今後増やしていく予定とのこと。そば道場独楽もその一つに入っています。ぜひ、ご利用ください。

 また、市内の観光スポット間の片道タクシーが300円で利用できる乗車手形も作られた。例えば、JR武生駅から今立の和紙の里までタクシー利用で300円で行ける。農家民宿中村屋独楽からナイフビレッジまで300円で行ける。これは、公共交通機関で越前市に訪れた人にはありがたい取り組みだ。こちらの利用可能期間は今年の9月30日まで。





calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM