アコンカグア

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 01:42
20190122
 アコンカグアは南米アルゼンチンとチリの国境にあるアンデス山脈最高峰の山である。標高は7000mに迫る名峰である。三浦雄一郎が86歳でチャレンジした。しかし、ドクターストップがかかり登頂をもう少し?のところで断念した。悔しかっただろう、、、。エベレストでも同行した信頼している女性医師の判断に従ったようだ。ニュースでは、三浦の悔しさが伝えられ、90歳でエベレストを目指すと言っていた、、、、が、、、きっともうエベレストには登れないだろう。
 医師を同行させるということは、三浦雄一郎は冒険家ではなくなってしまったということになる。冒険家とはすべてを自己判断と自己責任でチャレンジするものだ。今は、「かつての冒険家が高齢を押して前人未到のチャレンジしている」という見方が正しい。もちろん86歳でチャレンジする姿は凄いし、迫力あるし、僕も応援している。今回も登ってほしかった、、、
 今回の登山では朝日新聞社等のスポンサーを得て、紙面やニュースでも興味深く報道されていた。それらの読者等はどのように感じているのだろうか?希望と感動を与えているのだろうか?
 僕は医師を同行させるような挑戦はやめて原点のスキーヤーに戻り、国内外のスキー場を滑りながらスキー技術の奥儀やそれぞれのスキー場の特長や楽しみ方を伝授するミウラになってほしい。そのような方が見ている僕たちは辛くないし楽しい。三浦雄一郎を尊敬しているが故に今の姿は悲しいのだ。





コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM