福島はまだまだでした、、、、

  • 2019.03.31 Sunday
  • 03:28
20190215-16 少し前のイベントです

 2/15-16「第14回国内観光活性化フォーラムinふくしま」に行ってきた。このイベントは全国旅行業協会が毎年全国各地で開催していて今年は福島県郡山市で開催された。東日本大震災で観光客が激減し、徐々に回復してきていて現在は震災前に戻ってきたとのことである。
 しかし、イベントの中の講演会で講師は、「復旧はしてきたが復興はしていない。今も震災関連死が続いている」と訴えた。「復旧」は震災前の社会インフラに近づくこと。「復興」とは将来に向け前を向いて進んでいくこと。福島はまだ「復興」にはなっていないと講演した。その原因は原発の事故である。そこが、岩手、宮城、茨城と違うところ。メルトダウンした東京電力の原発事故のダメージは限りなく大きく深いと講演した。今もまだ毎日放射能汚染水が溜まり続け、放射能廃棄物の袋は行先が分からないまま山積みされている。農産物は放射能を検査して安全だといっても信じてもらえない風評被害が続いている。生活の基盤を奪われて故郷を離れて戻れない人が、仮設住宅に移った人が死んでいく。震災関連死だ。
 3.11の記憶は表面的には徐々に人々の記憶から薄くなってきているが、、、特に原発事故で故郷を離れざるを得なかった人々の苦悩は深く、、、将来に希望を持てる「復興」には程遠い状況が続いているとの内容だった。原発再稼働はもってのほかで早く廃炉にしていかなければならないと改めて感じた。
 翌日は、会津城と猪苗代湖畔にある野口英世記念館を見学して帰路に就いた。福島は会津磐梯山や裏磐梯の湖、安達太良山の伏流水を利用した美味しいお酒、喜多方ラーメン、、、などなど。それらのすべてが原発事故で粉々にメルトダウンしてしまった。だれが責任者でだれが責任取るのか!?























コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM