大屋町白山神社 秋の例祭

  • 2019.10.07 Monday
  • 01:10
20191005
 10月5日は僕の集落「大屋白山神社」の秋の例祭だ。僕は今年から宮総代(氏子代表)の一人になっているので、この日、秋祭りの御祓いの儀式に参列した。紋付き袴を着た。母の生きている時には母に教えてもらって着ていたが、母は死んでしまっていたので分からない。細君も知らない。帯の締め方が分からない。
 でも、羽織を着れば、その下になる帯の様子は見えないのだ。テキトーにやればいいと思い、、、ユーチューブの映像も参考にして、、、テキトーに自身で着た。それなりに着れた。(笑)
 大屋町は今も古式ゆかしく秋の例祭の儀式を続けている。この日も越前市で一番有名な総社の神主と上総社の神主にも来ていただいて町内の神主と3人の神官で執り行われた。区長、農家組合長、奉賛会代表、老衆が参列しての儀式だ。
 僕の子供の頃は、秋祭りには父の兄弟や母の実家などの親戚が多数来て賑やかだった。神社に夜店が来ることもあった。社会が便利になり、忙しくなって、今はそれは隔世の観になってしまった。時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、昔を知っている僕にすればさみしい限りだ。夜、細君と二人で神社にお参りして、集落の青年会が出しているお店でおでんを買って、二人だけの祭りの日の夕食だ。
 










コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM