東京マラソン勝利の大迫選手と厚底靴

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 10:15
20200301
 エリートランナーのみの東京マラソンが実施され、テレビで観戦した。僕も数回参加したことのある東京マラソン、スタートの都庁前の映像は寂しいものだった。
 しかし、東京オリンピックの選考レースになっていたので注目度は高い大会だった。その中で大迫選手が勇気ある、あきらめない走りを見せて、自身の持つ日本記録を更新した。見事な走りだったと思う。東京マラソンの賞金と実業団陸上競技団体が設定する1億円の賞金も獲得した。大迫選手は二度目の1億円だ。こちらも凄い。
 今回のレースもナイキの厚底靴が席巻していた。厚底がクッションになり筋肉疲労を緩和し、その中に組み込まれている反発するシートが前に進む力を生み出すシューズだ。今回のレースで女子の優勝者は世界記録をたたきだし。男子の17位までが7分台の記録を作った。ここ数年の高速レースを支えているのはこの厚底シューズだ。かつての名ランナーである瀬古や中山や高岡選手がこのシューズを履いていたら、、、大迫選手より速かっただろうと思っている。
 大迫選手は日本記録で走ったが4位だった。世界との距離はまだ大きい、、、と思ったのだった。

 午後、頑張るランナーたちの姿を見たので、、、触発され、、、日野山に登ってきた。今年6回目











コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM