Fukushima50

  • 2020.03.12 Thursday
  • 01:42
20200310
 何でこうなったんだろう、、、、映画の最後頃に主人公の2人は問い合った、その答えは、「まさか、10mを超える津波が来るとは思わなかった。慢心だったね、、、、」という言葉だった。そういうことなんだろう。人の想定を超える自然の営み、、、人は過去から学ぶが、過去の事象を超える事態には耐えられない。映画を観て改めて原発は人のコントロール代物ではないと実感した。安倍首相がブラジルでのオリンピック誘致の際に言った「アンダーコントロール」は全く嘘の塊だった。
 3.11は、必ずまた、どこかで起こる。人の知見とはその程度のものだ。だから、放射能など、人と共存できないものには手を出してはいけない。

 映画は全編緊張感に溢れ、現場のスタッフは命がけで事故後の対応をしていた。その事故後の対応を描いた物語だ。ぜひ、多くの人に見て欲しい。いい映画だ。渡辺謙と佐藤浩市、、、いい役者だ。多くの人に原発は人の手に負えない代物だということをわかってほしい。映画の中で当時の菅直人首相を現場を混乱させた人物と悪く描いている。リアル過ぎる。その意図は何か?、、、一面それは事実なのだろうが、僕は管首相を評価している。なぜなら、浜岡原発を止めたから。管首相は、この大地震が引き金に南海地震を恐れたのだろう、、、、浜岡原発は首相命令で停止し今も動いていない。そして、その後の日本全国の原発停止につながった。その貢献は素晴らしい。原発がなくても日本は普通に生活できることがわかったからね、、、、
 なのにまた、再稼働が進められている。早く、安倍辞めろだ、、、








コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM