中村きのこ園

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 22:50
201900405
 少し前のお話、、、、
 久しぶりに「中村きのこ園」に行ってきました。アララ、、、、シイタケなっていました。。。。
 シイタケのホダ木も10年を過ぎ、老朽化で腐ってきていて、、、もうならいと思っていましたが、シイタケなっていました。
 今年は、新しいホダ木を設置しようと思いました。思いがけず生えていると嬉しいものです。シイタケは美味しい食材ですね。







新お札の肖像

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 22:36
20190417
 少し前の話だけど、、、、新お札の肖像が発表されました、、、数年後に流通するとのこと。
 その翌日の日経、朝日、福井の僕の購読している3紙の一面で記事になっていました。
 が、僕は失礼ながら、、、その紙面の写真を見て、、、これでいいのか?と思ってしまいました。各氏はその時代を切り開いた偉人であることは、間違いないことだとは思うのですが、、、、その肖像が、あまりに平凡。華やキレがない。何となくうれしくない肖像だ。財布の中にあってもうれしくない。ご近所にいるおじさんとおばさんの写真だ。業績は偉大であっても日ごろ使うお札の姿は「凜」としてほしい。それがなかった、、、、残念。
 ノーベル賞受賞者の湯川氏や朝永氏、女流作家の与謝野氏や紫式部などもっと検討が必要だった?、、、、、大変失礼な発言だけど、、、お札には外見が必要だと思った次第です、、、

タケノコ

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 22:14
20190417
 今年のタケノコは、裏年です。あまり出ないと思います。加えて、イノシシが竹林を荒らして食べているのでなおさらです。その中で今日、細君が2本採ってきました。今年の初ものです。
 煮付けと、刺身と、お吸い物でいただきました。季節の山菜独自のエグミが春の到来を伝えてくれました。暖冬とか寒の戻りとか桜が長く楽しめる年だとか、、、言いながらも、、、季節は移り変わっていきます。四季のある日本に感謝ですね。

大屋町白山神社 引く弓の神事

  • 2019.04.04 Thursday
  • 23:58
20190403
 僕の集落、大屋町には白山神社を中心に江戸時代初期から続く神事や行事が残っている。その主役は長老10人衆である。長老が経験に裏付けされた知恵を発揮して大屋町を発展させてきたのだ。
 この日は、「引く弓の神事」が行われた。僕は宮総代の一人として、出席し、いつまで続くかわからない無形文化財を記録した。宮司が3本の矢を的をめがけて放つ。矢の軌道にかかわらず国家泰平、五穀豊穣、家内安全を祈願する神事だ。
 10人の老衆の内、6人が出席した。4人は施設入所や病気のため欠席。長生きすることは良いことではあるが、、、そのためにこれらの行事の存続が危うくなっている。長老10人衆が町内の行政を切盛りする時代はもうこないだろう、、、、、。長老をお祝いする行事に変身してきている。















村国山に開発の気配、、、

  • 2019.04.04 Thursday
  • 23:17
20190404
 村国山を走っています。
 今日、道にマークが付けられていました。山頂展望台までの距離表示が書いてある。全く必要ない。
 また、今、山頂にパラグライターの出発板が作られているし、開発の気配が感じられるこの頃です。山は静にしてのんびり歩ければそれが一番いい、、、。人は、どうして?開発をしたがるのだろうか!?開発願望者は、基本的にその地に行っていないのだね。行っていれば、そんな開発は必要ないとわかるはずだ。開発されれば自身も楽に行けると思っているに違いない。今のままでも、山頂展望台までは車で行けるし、そこから5分歩けば三角点のある山頂に行ける。これ以上に何を求めるのだろうか???ここも監視しないと危ないね。無駄な開発に貴重な税金を使わないでほしい。









calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM